ホーム&アウェイ(ホーム)

ついに魅力度ランキング最下位を脱出した茨城県の魅力について語る記事です。コロナで外出があまりできないのでtotoも始めました。

【toto】第1241回予想 (2021シーズンJ1第15節&J2第15節)

第1240回予想は13分の6で的中率46%でした

と言ってもマルチ対応での結果ですので、マルチ対応なければ13分の4で30%

しょぼいですね…

波乱要因は徳島の勝利、東京の大勝、そして何より横浜FCの初勝利でしょう

どんなに低調なチームでもいつかは勝利の日が来る

 

あぁ、横浜FCサポの魂が解放されていく…

 

横浜FCサポ様、初勝利お、おめでとう

ちなみに内訳は

 

1:ホーム側の勝利…6試合

0:引き分けの試合…2試合

2:アウェー側勝利…5試合

 

という感じでした

気を取り直して第1241回予想です

43,504,510円のキャリーオーバー発生中につき今回もマルチ対応で挑戦します

 

サガン鳥栖vs鹿島アントラーズ

予想:鹿島の勝利

低調な東京を一蹴し、名古屋の盾を破り、マリノスとの打ち合いを制す

バリエーション豊かな難敵3連戦を全て勝利し、基盤を再構築しつつある鹿島

そして今度はリーグ1の盾である3位の鳥栖との対戦です

まるで月末の川崎戦に向けて様々な研修をさせられているかの如くの上位連戦…

今の鹿島はマリノスのようにやりあってくれるチームには意外と相性が良いと思うのですが、鳥栖のように堅いチームには苦戦しそうな気がします

ただ、それでも勢いは持続するとみて鹿島が勝つと予想しました

 

ベガルタ仙台vs大分トリニータ

予想:引き分け

残留争い直接対決というカードです

正直どっちが勝ってもおかしくないし、引き分けの可能性も大いにありそう…

仙台は1試合のシュート数が10本以上であることが多く、攻撃はある程度形になるけど決定力と守備に難あり

大分は逆に1試合のシュート数が10本以下がほとんどで、チャンスの数自体が少なくため失点してしまうとほぼ勝ちがなくなる状況

1-1という数字が見えてきました…ので引き分け予想とします

 

浦和レッズvsヴィッセル神戸

予想:神戸の勝利

これもまた予想が難しい対戦

浦和は公式戦3連勝と一見調子が良くなってきたかに思えますが、対戦相手は仙台、ガンバ、横浜FCと全て降格圏のチームとの対戦です

むしろ勝っておかないとまずいぐらいですね

一方序盤好調だった神戸も引き分けの増加でずるずると順位を下げ、中位ゾーンに突入しそうな雰囲気です

通算対戦成績は29勝6分16敗、特に埼スタでは15勝4分6敗と浦和がリード

これは浦和か…と行きたいところですが、今シーズンの浦和は順位が上のチームには負け、順位が下のチームには勝つ(例外は福岡戦)というはっきりした態度を示していますので、あえて神戸が勝利すると予想しました

 

横浜F・マリノスvs柏レイソル

予想:マリノスの勝利

相性の面からすると柏が勝つ可能性もあるとは思います

が、前節低調な東京相手に5失点し大敗した柏

同じく5失点を喫して鹿島に負けたマリノスですが、試合内容は互角だったと言えますので、両チームの完成度の差は歴然だと思います

無難にマリノスが勝つと予想しました

 

ヴォルティス徳島vs名古屋グランパス

予想:名古屋の勝利

川崎に2戦合計7失点を喫した次の試合も完封

鹿島にシュートを打たせてもらえず敗戦した次の試合も完封

リズムが狂いそうなタイミングで何事もなかったかのように盾を継続する今の名古屋なら、攻撃面でやや迫力の欠ける徳島相手に負けはないと思います

フィカンデッティ監督が復帰したのも好材料でしょう

無難に名古屋が勝つと予想しました

 

FC東京vsガンバ大阪

予想:東京の勝利

点は取れてるけど守備が怪しいFC東京

守備はまぁまぁだけど未だリーグで3得点しかしていないガンバ

波の激しい東京はいまいち信用できないのでデータに頼ることにしました

このカードはお互いホームで大きく勝ち越しており、今回は東京のホーム…

ということで東京が勝つと予想しました

 

コンサドーレ札幌vs清水エスパルス

予想:札幌の勝利

清水はギリギリ残留圏ですが、ガンバや大分の消化試合が少ないことを考慮すると降格圏に片足を突っ込んでいると言えます

開幕前の評判がなぜか高かったことと、開幕戦をアウェーで鹿島を叩いたことで、序盤は若干過大評価されていたように思います

私個人としては去年の状況やオフの動向を考えると正直降格候補の一つでした(清水サポ申し訳ないです)

直近の動向(大分に敗戦、横浜FCに引き分け)を見ても、降格圏入りが現実味を帯びてきた気がします

札幌も低調ではあるものの、今の清水になら勝てるような気がするので、札幌が勝つと予想しました

 

川崎フロンターレvs横浜FC

予想:川崎の勝利

いくら横浜FCが初勝利を挙げたとはいえ…相手が悪すぎます

ここで勝てたら勢いづくでしょうが、万に一つあるかどうか…

引き分けでも大波乱と言えるでしょう

鉄板枠として川崎が勝つと予想しました

 

アビスパ福岡vs湘南ベルマーレ

予想:引き分け

うっかり大分に複数得点でかってしまったがために、反動で横浜FCから複数失点することになった湘南

そろそろ元のドロー職人に戻る頃合いでは?

福岡のリーグ5連勝は見事ですが、やや出来過ぎの感もあるので、そろそろ連勝が途切れてもおかしくないと思います

仙台戦も紙一重でしたし

ということで湘南がきっちり塩をまいてスコアレスドローと予想しました

 

セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島

予想:引き分け

セレッソ、広島に共通して言えることは得点力不足の傾向にあるということです

セレッソは1点止まりの試合が多く、広島は点が取れない試合が散見される印象

日程面を考慮するとセレッソが有利ですが、ルヴァン杯でメンバーを大幅に入れ替えているため影響はさほどでもないかもしれません

まさに痛み分けという試合、1-1の引き分けになると予想しました

 

ファジアーノ岡山vsV・ファーレン長崎

予想:岡山の勝利

予想スタメンだけ見ると正直長崎が勝ちそうに見えます

そして予想スタメンからすると、何となく長崎がボールを保持する展開になると感じました

でも逆に岡山は支配率が低かったり、パスの本数が低い試合の方が勝ち点を拾っているように見えます

逆に長崎の負け試合は支配率やパス本数が相手を上回る場合が多いように見えます

そして岡山ホーム時の対戦成績は3勝3分1敗と割と相性が良いです

これらを踏まえて岡山が勝つと予想しました

 

ツエーゲン金沢vsザスパクサツ群馬

予想:金沢の勝利

直近5試合勝ちのないチームの対戦です

金沢は明らかに調子を落とし、群馬は最初から浮上できないでいるという印象です

金沢ホーム時の対戦成績は4戦全勝と相性抜群

単純に相性の面だけを考慮し、金沢が勝つと予想しました

 

水戸ホーリーホックvsヴァンフォーレ甲府

予想:甲府の勝利

5月は無敗を貫く甲府はJ2第2グループ筆頭の磐田が射程圏

一方栃木に勝ちきれず、京都に敗戦した水戸は一歩後退し第3グループへ

ここで踏ん張れないとずるずる順位を下げかねません

水戸を押したい個人的な気持ちはあるものの、今の甲府と水戸の間には差があると言わざるを得ません

直近のコンディションを考慮し、甲府が勝つと予想しました

 

予想当選金額

1等:約950,000円

2等:約7,500円

3等:約1,000円

 

…当たってもこんなもんかい

それだけ無難な予想になってしまったということでしょう

 

マルチ 

①浦和vs神戸 0,2

⇒神戸の引き分けが割と多めなので

FC東京vsG大阪 1,0

⇒基本的に東京はムラがあり信用できないため

③札幌vs清水 1,0

⇒清水の勝ちはなさそうだけど念のため

C大阪vs広島 1,0

⇒先制できた場合はセレッソが勝つこともありそうなので

 

※マルチの予想当選金額

1等:最大約13,500,000円

2等:最大約74,000円

3等:最大約6,500円

 

f:id:sittakaworld:20210522095934j:plain

 

なんとか初日は乗り越えたいです