ホーム&アウェイ(ホーム)

ついに魅力度ランキング最下位を脱出した茨城県の魅力について語る記事です。コロナで外出があまりできないのでtotoも始めました。

【toto】第1242回予想 (2021シーズンJ1第17節&J2第16節)

第1242回は13分の4で的中率30%でした

マルチ対応して尚この数字…

というよりマルチかけている部分がことごとく無意味な結果でした

 

1:ホーム側の勝利…7試合

0:引き分けの試合…3試合

2:アウェー側勝利…3試合

 

ホーム側の勝利が多かったです

第1237回ぐらいからこの傾向が多いかと思います

今週はキャリーオーバーなしですので、シングル予想で勝負したいと思います

 

各試合の予想

横浜F・マリノスvs清水エスパルス

予想:マリノスの勝利

気になるデータ:マリノスホーム時の対戦成績12勝6分16敗

意外にもマリノスホームでは清水が勝ち越しているというデータも

またマリノスが鹿島と壮絶な打ち合いをしたあとのリーグ戦の成績は柏に引き分け、大分に1点差で勝利とややおとなしめであるのも気になります

しかし清水がマリノスの攻撃を守り切れるかと言われれば…厳しいような気がします

よってデータは気にせず、マリノスが勝つと予想しました

 

FC東京vsサンフレッチェ広島

予想:広島の勝利

正直どちらのチームも不調でなんとも言えないカードかと…

両チームとも複数失点する試合がかなり増えています

特にFC東京は5月に入ってから3失点以上の試合が3試合もあります

清水に3失点もするディフェンスは信用できませんので、消去法で広島が勝つと予想しました

 

ベガルタ仙台vsセレッソ大阪

予想:引き分け

気になるデータ:セレッソは5月の試合は複数得点なしかつ未勝利

依然順位は降格圏であるものの、川崎に引き分け名古屋に勝つ等、toto的には無視できない存在になってきた仙台

ここで5月はずっと低空飛行を続けているセレッソとの対戦ということで、仙台にも十分チャンスはありそうに思えます

セレッソが無得点なら仙台勝利、セレッソが1得点なら1-1ドローという予想から後者を選択しました

 

大分トリニータvsアビスパ福岡

予想:福岡の勝利

気になるデータ:福岡は5月の公式戦無敗

すっかりJ1仕様となった福岡は5月の公式戦無敗と依然勢いは衰えません

一方の大分は総得点が10点であり、1試合で良くて1点どまりと攻撃の怖さがありません

今の福岡相手では1-1での引き分けが関の山、といったところでしょうか

福岡が勝つと予想しました

 

ガンバ大阪vs横浜FC

予想:引き分け

気になるデータ:ガンバと横浜FCの通算対戦成績3勝3分0敗

戦力的にはガンバが勝ちそうに見えるのですが…

徳島相手にぎりぎり勝利できるぐらいの完成度では横浜FC相手に引き分けてもおかしくないかと思います

横浜FCも初勝利で根本的に好転したわけではないものの、好調福岡と引き分けられるぐらいのポテンシャルはあるようです

どちらも勝ち切るほどの力はないとみて、引き分けと予想しました

 

ヴィッセル神戸vsサガン鳥栖

予想:引き分け

気になるデータ:神戸と鳥栖の通算対戦成績13勝8分5敗

相性の面でいくと神戸、勢いの面でいくと鳥栖というところですが…

5月のリーグ戦の成績を見てみると、神戸は2勝1分2敗、鳥栖は2勝3分とそこまで変わらず

少し鳥栖の引き分けが増えてきた印象です

データと鳥栖の動向を考慮して引き分けと予想しました

 

徳島ヴォルティスvs湘南ベルマーレ

予想:湘南の勝利

はっきり言って、全く予想がつかないカードです

戦力的にも順位的にも近く、通算対戦成績もほぼ互角

予想の決め手にしたのは直近のリーグ戦の結果です

降格圏のガンバに負けた徳島は下位を意識せざるを得ない状況

一方湘南はどちらかといえばライバルを残留争いに引きずり込む立場で、勝ち点1とは言え川崎から得たとうのは自信になるのではないかと

ということで、湘南が勝つと予想しました

 

浦和レッズvs名古屋グランパス

予想:名古屋の勝利

気になるデータ:浦和と名古屋のホーム時の対戦成績16勝4分15敗

5月の勢い的には浦和、実力的には名古屋というカードです

直前で仙台に敗れている名古屋なので心配ではありますが、上記の通り埼スタでの相性は決して悪くはないようです

浦和は中位ぐらいを彷徨いそうな印象でしたが、ユンカーを使えるようになってからは上位も狙える勢いになってきました

浦和も強いですが、名古屋の連敗はさすがにないとみて、名古屋が勝つと予想しました

 

川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ

予想:川崎の勝利

気になるデータ:川崎と鹿島のホーム時の対戦成績14勝4分5敗

今シーズンの川崎は圧倒的ですが、川崎がシルバーコレクターだった時代から鹿島が苦手としてきたチームです

鹿島サポに「どこが一番嫌なスタジアムですか?」と問えば、十中八九「等々力にきまってんだろっ!!」という回答が返ってくるはず…

むしろここでの負けは年間勝ち点のうちの計算に入っていると言っても過言ではないほど

むしろ5勝もしていたのか…というほどです

私が鹿島サポだったとしても、ここは川崎が勝つと予想します

良い意味で期待を裏切って欲しい(笑)

 

モンテディオ山形vsSC相模原

予想:山形の勝利

気になるデータ:相模原の5月の成績は1分4敗

序盤もにゃもにゃやっていた山形もようやく目を覚ましつつあるという印象です

5月の成績は3勝1分1敗、琉球に勝利し、甲府に引き分け、京都に負けという内容で上位陣ともやりあえる内容になってきました

一方で相模原の5月の成績は上記の通り…

むしろ今までが頑張っていたほうなのかもしれません

実力も勢いの差も明白なので山形が勝つと予想しました

 

 愛媛FCvs水戸ホーリーホック

予想:水戸の勝利

気になるデータ:水戸の正CBタビナスジェファーソンが代表のため欠場

実力的には水戸が勝つと思いますが

水戸はここ2試合無得点であり、上位勢相手とはいえ機能しているとは言えません

一方愛媛は5月は相模原相手に1勝しかしていないものの、京都と打ち合い、磐田、琉球と引き分ける等やや不気味な存在ではあります

水戸はタビナスがいないのは不安材料ですが、甲府戦で鈴木のCBをテスト済みではあるので大きな混乱はないと思われます

やや不安ではありますが、水戸が勝つと予想しました

 

アルビレックス新潟vsFC琉球

予想:琉球の勝利

新潟は直近が引き分け、負け、負けとやや停滞気味

対戦相手は松本、町田、京都と中位から上位勢相手に勝ち点を拾えていません

琉球も愛媛に引き分けたり、山形に負けたりしていますが、愛媛戦後の栃木戦で勝利したように切り替えることはできるかもしれません

どちらかといえば新潟の方が引きずりそうな傾向にあるので、琉球が勝つと予想しました

 

京都サンガvsヴァンフォーレ甲府

予想:引き分け

気になるデータ:両チームとも5月は4勝1分、完封試合4、2失点のみ

J2で最も勢いのあるチームの対戦です

両チームとも守備が安定しており、先制できれば勝つ可能性がぐっと高くなります

5月の対戦相手の質を見ると、やや京都の方が強力な相手だったようです

攻撃力はウタカが復活した京都がやや優位な印象もありますが…

守備が安定しているチーム同士の対戦なので、引き分けと予想しました

 

当選金額予想

当選金額としては少ないけど、それでも2等ぐらいまでは当たれば嬉しいですね

1等:約7,500,000円

2等:約65,000円

3等:約6,000円

 

マルチ対応

今回はキャリーオーバーなしなのでマルチ対応はしませんが、やるとすればこんな感じでしょうか

 

①仙台vsC大阪 1,0

セレッソが仙台の勢いに飲まれるパターンも見え隠れする

②大分vs福岡  0,2

⇒福岡が点を取れないor大分が1点取って引き分けもありそう

③浦和vs名古屋 0,2

⇒名古屋が点を取れずに引き分けもありそう

④愛媛vs水戸  1,2

⇒水戸が攻めあぐねているうちに愛媛が1点取って勝つパターンもありそう…

 

f:id:sittakaworld:20210530121354j:plain

 

さて午後は観戦三昧です