ホーム&アウェイ(ホーム)

ついに魅力度ランキング最下位を脱出した茨城県の魅力について語る記事です。

【toto】第1240回予想 (2021シーズンJ1第14節&J2第14節)

第1239回は13分の9で的中率69%でした

と言ってもマルチ対応でしたので、それがなければ13分の6で46%です

1等が5口出ているということは、そこまで難しい予想ではなかったようです

欲をかいても3等すらあたらない無残な結果です

 

1:ホーム側の勝利…7

0:引き分けの試合…4

2:アウェイ側勝利…2

 

内訳はホーム側の勝利の試合が多かったようです

今のところ1,0,2の割合は下記の通りです

 

1:39%

0:28%

2:34%

 

さて気を取り直して第1240回予想です

 

ベガルタ仙台vsアビスパ福岡

予想:福岡の勝利

仙台は水曜日に試合があったので中2日です

とはいえその水曜日の試合で川崎に等々力で引き分けるという予想外の結果を残した仙台

波乱がありそうな組み合わせではありますが…

逆に川崎戦で頑張り過ぎた&結果的には勝てていないので、福岡戦ではバテてしまうように思えます

やや不安要素はありながらも福岡が勝つと予想しました

 

鹿島アントラーズvs横浜F・マリノス

予想:鹿島の勝利

まぁぶっちゃけ贔屓目線での鹿島勝利予想ですが…

鹿島の直近のリーグ3試合を見て、ようやく守備が安定してきたと感じます

守備が安定、かつセットプレーで得点できるときの鹿島ははっきり言って強いです

水曜日に試合があったので日程面で不利と言わざるを得ませんが、2位の名古屋にシュートすら打たせず圧勝したことでメンタル的には上向きであると思います

中2日で強力な攻撃陣を要するマリノス相手は正直しんどいと思いますが、期待を込めて鹿島が勝つと予想しました

 

柏レイソルvsFC東京

予想:柏の勝利

お互い浮上のきっかけを掴みたいチームの対戦です

柏はどんな相手にも10本前後のシュートを打っていて、それをものにするかどうかが試合結果に直結している印象です

徳島戦ではシュート10本、枠内5本で5得点ですが、その他はだいたい良くて1得点止まりです

チャンスの数を増やせれば浮上のきっかけを掴めそうです

一方東京は…リーグ戦魔の5連敗、明らかに多摩シコで調子がおかしくなっています

直近鹿島戦は守備の出足は鈍く単調な攻撃に終始し、結果シュート2本のみ

どちらかと言えば柏の方がまだマシと言えるでしょう

1-0で柏が勝利すると予想しました

 

サンフレッチェ広島vsヴォルティス徳島

予想:引き分け

広島と徳島の間にはある程度戦力差があり、ぱっと見広島が勝ちそうに思えます

しかし広島は水曜日に試合があったので日程面で不利です

さらに広島は最近得点力不足で1試合1点止まりのところ、水曜日は久々の複数得点でした

今節は良くて1点止まりな気がしますので、引き分けの予想としました

 

大分トリニータvsサガン鳥栖

予想:鳥栖の勝利

未だ8得点の大分が5失点しかしていない鳥栖から点を取れるか…

かなり厳しいと思いますので、どちらかというと鳥栖の調子に左右される試合ではないかと

鳥栖が得点できればたぶんその時点でほぼ勝利は決定的かと思われます

直前の広島戦はスコアレスだったので、2試合連続はないとみて鳥栖が勝つと予想しました

 

清水エスパルスvs名古屋グランパス

予想:引き分け

まず名古屋は水曜日に試合があったため日程面で不利です

その要因を考慮してもまだ名古屋が勝ちそうなカードですが、名古屋には根本的な弱点があると開幕前から見ています

4-2-3-1の1トップを務める選手が迫力に欠ける点です

2列目の選手にはタレントが揃っている割に、トップは山崎や柿谷しかいない状況

柿谷にしても本来はトップ下とかで、ボールを持たせて前を向ける状況の方が仕事してくれそうです

ゆえに守備的にして1-0で勝つ戦術をとってきたのかもしれませんが、川崎戦で限界を見せられたことでどうなるか…

少なくとも水曜日の鹿島戦では攻撃の迫力は皆無でした

清水が得点することも難しいと思いますのでスコアレスドローの予想です

 

横浜FCvs湘南ベルマーレ

予想:引き分け

凄まじく塩の香りが漂うカードです

ルヴァンで2度対戦したこのカードの結果は1-0、1-1

公式戦12試合連続無敗の湘南がここで負けるとは思えませんが、あまりに引き分けが多いので、相手が横浜FCであろうと勝つイメージも全く湧きません

前節久々の複数得点で勝利した湘南、反動で今節は点がとれないのではないでしょうか

スコアレスドローと予想しました

 

川崎フロンターレvsコンサドーレ札幌

予想:川崎の勝利

日程面の有利不利…今の川崎にはそんなの関係ないでしょう

守備が緩めの札幌相手であればなおのこと

しかも札幌にとって川崎は相性最悪で28戦やってわずか2勝しかしていません

ここは鉄板枠で川崎が勝つと予想しました

 

ガンバ大阪vs浦和レッズ

予想:浦和の勝利

本来ならば好カード、だけど今は微妙なカードを言わざるを得ません

コロナから復活以降もぱっとしないガンバは、水曜日に試合があったため日程面で不利です

浦和も上位を争うほど迫力もなく、かといって残留争いするほど弱くもない…

可もなく不可もなくといった印象です

お互いの順位からすると浦和は下位には負けませんし、日程面でも有利なので浦和が勝つと予想しました

 

ヴィッセル神戸vsセレッソ大阪

予想:神戸の勝利

若干引き分けが増えてきてはいるものの、例年のような不安定さがなく地味に強い神戸

セレッソも弱くはないけれど、大久保の得点が止まり、アダムタガートも不発に終わっている状況では、攻撃面で迫力がいまひとつです

クルピが本来描いていたチーム像とは離れていると思われます

神戸のFW古橋に対してセレッソのDFダンクレーでは相性が悪い気がします

恐らく神戸は無失点でセレッソは1~2失点すると予想し、神戸勝利予想としました

 

町田ゼルビアvsアルビレックス新潟

予想:新潟の勝利

町田に関してはやや読みずらいチームです

琉球に圧勝したかと思いきや下位の山口に負ける等勢いはあるけど不安定な印象はぬぐえません

一方新潟は未だ無敗で首位の座をキープ、得点もほぼ2ゴール以上は期待できる状態にあり、問題ないように感じます

岡山や相模原相手に失点している町田から点を取ることは十分可能と思われますので、安定感のある新潟が勝つと予想しました

 

ヴァンフォーレ甲府vsブラウブリッツ秋田

予想:引き分け

秋田にとっては勝てば勝ち点で甲府に並ぶ順位の近いカード

甲府は守備も比較的安定したチームですが、負けや引き分けたカードを見ると1試合1失点以下のチームが多くみられます(琉球、町田、千葉)

秋田も失点11と平均失点0.85の守備が安定したチームです

ホームでもそれなりに苦戦すると考え、引き分け予想としました

 

レノファ山口vsSC相模原

予想:引き分け

J2で唯一得点が一桁である山口

相模原にワンチャンスあるとしたらここではないかと思います

攻撃力のあるチームと対戦すると力で押し切られてしまいますが、勝利している千葉や大宮、引き分けている群馬、栃木、岡山のように得点力がそこまでないチームには勝ち点を積めています

そして山口はなぜかホームでの勝率が悪く1勝2分4敗です

と言いつつも相模原の失点も少なくはないので、1-1でドローの予想です

 

予想当選金額

1等:約12,000,000円

2等:約95,000円

3等:約8,000円

 

f:id:sittakaworld:20210515123004j:plain

 

ということで今回もマルチ対応

ほんとはキャリーオーバー発生時のみ縛りだったのですが、諸事情あり急遽カシマスタジアムに行けなくなりましたので、浮いた費用でのマルチ対応となります

2度目のマルチ対応の結果や如何に…